Python

WindowsでPython Selenium環境構築(venvを利用)

Python

以前の記事でWindowsでPython+Selenium+ChromeDriverでRPAを行うための環境を構築しました。

この時は、Hyper-V上のWindows10開発環境の仮想マシンを構築してインストールしていたのですが、今回はvenvを使って構築を試してみます。

venvを使うことで同じPC内に複数のPythonを使うプロジェクトがあった場合でも、それぞれ異なるPythonのバージョンを使用することができることや、pipなどで利用するライブラリを別々に構成することができます。

環境

・Windows10
・Python3.9
・Pycharm

必要なアプリのインストール

Pythonのインストール

Pythonのインストールについてはこちらの記事で紹介しています。

Chromeのインストール

当然ですが、Chromeのインストールも行います。

Google Chrome - Google の高速で安全なブラウザをダウンロード
新しい Google Chrome で毎日をもっと快適に。Google の最先端技術を搭載し、さらにシンプル、安全、高速になった Chrome をダウンロードしてご活用ください。

ChromeDriverのインストール

ChromeDriverのインストールについても「pip install chromedriver-binary」で行うことができます。

ここで注意となりますChromeDriverのバージョンをChrome本体のバージョンと合わせないと動作しません。

バージョンを指定しないでインストールしてしまうと差分が発生して動作しないということが多いのでバージョンを指定してインストールすることをお勧めします。

まずChromeのバージョンを確かめます。

Chromeのバージョンは84.xxxx系になっています。

なのでChromeDriverのページから84.xxx系に対応するChromeDriverのバージョンを確認します。

ChromeDriver - WebDriver for Chrome - Downloads
Current Releases If you are using Chrome version 91, please download ChromeDriver 91.0.4472.19 If you are using Chrome version 90, please download ChromeDriver...

対応バージョンが84.0.4147.30であることが分かったら、バージョンを指定してChromeDriverをインストールします。

Pycharmのインストール

今回はIDEとしてPycharmを使ってvenv環境を構築します。

Pycharmをインストールして下さい。

プロジェクト作成(venv環境設定)

Seleniumのテストプロジェクト用としてフォルダを作成します。

C:\Project\selenium-test

作成したフォルダをPycharmで開きます。

venvの環境設定をする

フォルダをPycharmで開くと自動的にmain.pyが作成されます。

さらに、このプロジェクト実行されるPythonの環境が右下に表示されます。今回は「Python3.8(base)」が利用されるようになっています。

このPython3.8(base)はこのWindowsにインストールされている環境となるため、これとは異なる環境をvenvで構築します。

右下のPythonのバージョン部分をクリックして「Interupter Settings…」をクリックします。

右上の歯車マークから「Add」をクリックします。

「New environment」から新規でvenv環境を構築します。今回はPython3.9をベースとして作成したいと思います。

作成されるまで少しかかります。

venv環境が作成されると同じフォルダ内に「venv」フォルダが作成されます。また、右下の環境が「Python3.9(selenium-test)」と表示されており、Pathを見ると作成されたvenvフォルダを指していることが確認できます。

Selenium環境の構築

それではそのままSelenium環境を構築していきます。

必要モジュール類のインストール

プロジェクトで利用するモジュール類をインストールします。

seleniumで自動操作する際にChromeDriverを使うのですが、「webdriver-manager」をインストールして自動的にChromeのバージョンに応じたChromeDirverを取得するようにしています。かなり便利です。

あとはスクレイピングする際に使う「beautifulsoup4」とかをインストールしてます。

> pip install selenium
> pip install webdriver-manager

> pip install beautifulsoup4
> pip install lxml

サンプルスクリプト

とりあえず動作するサンプルスクリプトです。main.pyを少し修正しただけです。

amzonのトップページを開くだけです。

from time import sleep
from selenium import webdriver
from webdriver_manager.chrome import ChromeDriverManager

def selenium():
    driver = webdriver.Chrome(ChromeDriverManager().install())
    driver.get('https://www.amazon.co.jp/')
    sleep(3)
    driver.quit

def print_hi(name):
    print(f'Hi, {name}')  # Press Ctrl+F8 to toggle the breakpoint.

if __name__ == '__main__':
    print_hi('PyCharm')
    selenium()

Pythonのオススメ勉強方法

私がオススメするPythonの効果的な学習方法は「Udemy(ユーデミー)」によるビデオ学習です。

「Udemy」は、オンライン学習の提供サイトです。学びたい人は多くある講座の中から受講したいコースを選択することができ、動画で学べるのが特徴です。

多くあるPythonのコースの中でもオススメするPythonのコースは以下となります!!

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

このコースでは合計で28.5時間のビデオ講座があって、それらを受講するだけで、Pythonの基礎から応用まで学ぶことができます。

私も購入して受講していますが、内容としては初心者の方から上級者まで対応する幅広い内容になっています。

下手な書籍を何冊か購入するより、この動画コースを最初からじっくりと受けることで総合的なスキルを習得することができるできます。おそらくこれ以上の教材はないと思いますので、絶対おすすめです。

ちなみに、Udemyでは頻繁にセール(1か月に2,3回程度)が開催されているので、セールのタイミングで購入すれば90%OFFになる講座もあるため、セールが開催されてからの購入をオススメします!

今回は以上となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました