Docker

OSSのIPAMツール「Netbox」をDockerで簡単構築する

Docker

Netboxはいわゆるネットワーク管理者向けのIPAM(IP address management)のOSSのツールです。

ネットワークやIPアドレスの管理以外にもラック管理やデバイス、仮想マシンの管理など多くの機能を備えています。

今回はNetboxの機能を評価したかったのでDockerでサクッと構築してみました。

前提

すでにdocker+docker-composeの環境がインストールされている方

Netboxの機能

Netboxで備えている機能は以下です。GestioIPやRackTablesなどの他のIPAM管理ツールより多い機能を備えている印象です。

英語の解説サイトから抜粋しましたが、機能としてはIPAM、ラック管理、デバイス管理、接続管理、仮想マシン管理、回線プロバイダ管理、パスワード管理などがあります。

  • IP address management (IPAM) – IP networks and addresses, VRFs, and VLANs
  • Equipment racks – Organized by group and site
  • Devices – Types of devices and where they are installed
  • Connections – Network, console, and power connections among devices
  • Virtualization – Virtual machines and clusters
  • Data circuits – Long-haul communications circuits and providers
  • Secrets – Encrypted storage of sensitive credentials

NetboxのDockerインストール

こちらを使わせていただきました。

netbox-community/netbox-docker
🐳 Docker Image of NetBox. Contribute to netbox-community/netbox-docker development by creating an account on GitHub.

Gitで必要ファイルを取得します。

bash-3.2$ git clone https://github.com/netbox-community/netbox-docker.git

docker-compose.ymlでポート部分だけ変更しました(他サービスとぶつかってしまうため)

    ports:
    - 8082:8080

コンテナ起動

bash-3.2$ docker-compose up -d

確認

正しくNetboxが構築されているか確認します。
http://localhost:8082
へアクセスして以下のような画面が表示されます。
アカウントはAdmin/Adminでログオンできます。

感想

とても簡単にnetboxの環境が構築できちゃいました。これからnetboxの機能を本格的に確認してみますが少し使った感想は以下です。

特にAPIを備えている部分は、他のGestioIPやRackTablesより有利な点です。ほかのシステムとの連携に非常に役立つと思います。

  • 機能は非常に多い、電源や空調など
  • 見た目はよい気がする
  • 日本語化はできなそう
  • ネットワーク管理はIPアドレス表にならず見にくいかな?
    →192.168.1.0/24の利用のIP管理表が利用有無にかかわらず254行でてて欲しいが、使ったIPしか表示されない、これは好みの問題でもある。
  • 他の機能への画面の流れがわかりづらい。
  • APIの機能は良さそう
  • ラック図は1ラックごとしか表示できない?
    →同じエリアのラックはまとめて複数ラック表示したい
  • 必須項目が結構多くて、事前に登録しておかないといけないのが面倒、地域やフロアやベンダーなどなど

自宅のIPアドレス管理をExcelからnetboxに移行しました。

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました