Laravel Program学習

Docker for Macをサクッとインストールする【開発環境構築】

Laravel

プログラミングを行う開発環境をMacで構築します。まずは、はじめに「Docker for Mac」をインストールしてみます。その後にlaravelなどの開発環境を構築していきます。

この作業は【Mac OS 10.15.1】で【2019年12月14日時点】での作業になります。

Docker for Macのダウンロード

はじめにDockerのページから「Docker for Mac」をダウンロードします。
https://docs.docker.com/docker-for-mac/install/
「Download from Docker Hub」をクリックします。

Docker IDにてログオンします。持っていない場合には「Sign Up」から進んでDocker IDを取得してください。

「Download Docker Desktop for Mac」をクリックして下さい。

Docker for Macのインストール

ダウンロードした「Docker.dmg」をダブルクリックします。そうするとDocker.appをApplicationへドラックアンドドロップするように言われますので、画像をドラックアンドドロップします。
アプリケーションにDocker.appがあることを確認します

Docker for Macの初回起動

初回起動のときには幾つかダイヤログが表示されます。要はDockerを実行するときに管理者権限が必要だということです。

起動が始まると以下のような画面が表示されます。

Docker for Macが起動しているか確認

最後に正しく起動しているかを確認します。
ターミナルを立ち上げてから以下のコマンドを実行します。

$ docker --version
Docker version 19.03.5, build 633a0ea

$ docker-compose --version
docker-compose version 1.24.1, build 4667896b

$ docker-machine --version
docker-machine version 0.16.2, build bd45ab13

正しくバージョンが表示されていればインストール完了となります。

今回は以上となりますが、次回以降はDocker上に開発環境を構築していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました