AWSCode

AWS SESでサンドボックスを解除する【手順】

AWS

前回はAWSのSESサービスでメール送信する手順について紹介しました。
https://syachiku.net/aws-ses01/

ただし、SESでは初期の状態では、事前に検証(Verify)されていないメールアドレスに対しては送信することができない「サンドボックス」という状態です。
そこで、今回はサンドボックスを解除する方法について紹介します。

1. SESのサンドボックスとは?

SESは初期の段階ではスパムメール送信などの不正使用や悪用防止のために「サンドボックス」と言われる利用制限がかかった環境に配置されています。

サンドボックス環境による利用制限としては以下のようなものがあります。

  1. Eメールの送信先は、検証済みのEメールアドレスに制限される
  2. 最大で 24 時間あたり 200 メッセージの送信に制限される
  3. 最大で 1 秒あたり 1 メッセージの送信に制限される

この条件の中で利用することも可能ですが、Eメールを送信するためには都度SESに送信先Eメールアドレスを登録→検証の作業が必要となりなかなか不便です。

そこで、サンドボックスの解除を申請することができます。

2. 解除方法

SESがサンドボックスであるかどうかを確認します。SESのダッシュボードを見ると下の図のようにsandbox状態と表示されています。

では、サンドボックスの解除申請を行います。AWSでいう上限緩和申請となります。

表示されている「Request a Sending Limit Increase」をクリックします。

次にサンドボックスを解除するための理由を入力していきます。この理由は正しく入力しないと却下されますので注意してください。(私も2回ほど却下されました・・・)

私は最終的に以下の様な内容で申請しています。

・メール送信する目的
 ブログ閲覧者から問い合わせフォームの内容を管理者へメール送信するため
 ブログサイトURL:
        https://syachiku.net/  

・メールを送信する頻度
 多くても最大で1日に5件程度です。

・受信者リストのメンテナンス方法
 メールアドレスについては正しく送信されていることを
 サプレッションリストから目視確認し、送信エラーがあった場合にすぐに対応します。

・対象AWSリージョン:東京(ap-northeast-1

申請が承認されると以下の様にサンドボックスから移動したとの連絡が届きます。やりました!!

3. 動作確認する

検証されていないメールアドレスに送信できる事を確認してみてください。

AWSを効率的に学習する方法

私がAWSを学習するために使った学習材料は「Udemy」だけです。

まずは座学を行ってAWSプラクティショナー もしくは ソリューションアーキテクト試験を取得することを目標にしました。

具体的にはUdemyで以下の2つの商材を購入して学習しました。AWS公式が提供している模擬試験も受けていません。

Udemyは世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつなぐサービスです。 Udemyは米国Udemy,Inc.が運営するプラットフォームで日本ではベネッセが事業パートナーとして協業をしています。 C2C(consumer to consumer)により生まれる豊富で多彩な講座により個人の学習ニーズに応じた学びをみつけることができます。

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)
【SAA-C02版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

今回は以上となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました