CI Windows

インフラCI実践ガイドを試してみる⑦【CIのパイプライン(後半)】

CI

購入した書籍「インフラCI実践ガイド」を試した際のメモの続きです。

第7章のCIのパイプライン後半になります。

7.2 さまざまな問題を検知する

7.3.1 規約「非」準拠を検知する

演習環境の上でAnsibleを例にコーディング規約のエラーがどのように検知されるかを確認する。

想定作業と実装

「CMSの初期DBのバックアップを保存しておいてほしい」

という依頼があることを想定して進めてます。

初期DBは「/opt/ketchup/app-contents/contents/data/default.db」にあるので、これをdefault.db.originとして保存する処理を追加します。

テスト側ではdefault.db.originが存在しているかを確認します。

編集が必要なファイルは2つです。
「/roles/ketchup/tasks/main.yml」と「/roles/ketchup/tasks/unit_test.yml」

変更作業

演習ではあえてnameをつけないであえてパイプラインでのlintのチェックでエラーにしています。

[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# vim roles/ketchup/tasks/main.yml
  - name: Backup default.db file to default.db.origin
    copy:
      src: "{{ ketchup_home }}/{{ ketchup_data_dir }}/default.db"
      dest:  "{{ ketchup_home }}/{{ ketchup_data_dir }}/default.db.origin"
      remote_src: true

[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# vim roles/ketchup/tasks/unit_test.yml

  - name: Retrive default.db.origin stat
    stat:
      path: "{{ ketchup_home }}/{{ ketchup_data_dir }}/default.db.origin"
    register: test_db_backup_file

  - name: Check default.db.origin is exist or not
    assert:
      that:
        - test_db_backup_file.stat.exists == true
      msg: "default.db.origin is not exist"

[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# git commit -a -m "fixed unnamed tasks"
[master a85955b] fixed unnamed tasks
 2 files changed, 17 insertions(+), 1 deletion(-)
[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# git push
Username for 'http://192.168.33.10': root
Password for 'http://root@192.168.33.10':

タスクにnameが正しくついていることが確認できます。

[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# ansible-playbook ketchup.yml --list-tasks

playbook: ketchup.yml

  play #1 (ketchup): Install Ketchup    TAGS: []
    tasks:
      repos_el : include task specific variables        TAGS: []
      repos_el : Install yum repositories       TAGS: []
      repos_el : Enable epel repository TAGS: []
      packages_el : include task specific variables     TAGS: []
      packages_el : Install common packages     TAGS: []
      packages_el : Install nginx packages      TAGS: []
      ketchup : include task specific variables TAGS: []
      ketchup : Create ketchup home directory   TAGS: []
      ketchup : Download ketchup app and contents from github   TAGS: []
      ketchup : Extract ketchup app     TAGS: []
      ketchup : Install ketchup configuration file      TAGS: []
      ketchup : Install bootstrap for systemd   TAGS: []
      ketchup : Backup default.db file to default.db.origin     TAGS: []

パイプラインが正常に終わっていることを確認します。

※スぺルミスや記載漏れなどで何回か失敗しましたが、なんとか最終的にOKになりました。

7.3.2 デグレートを検知する

デグレート(リグレッション)の発生は一番避けたい現象の一つです。インフラCIにおけるパイプラインはデグレートを防止する有効な手段

7.3.3 連携(インテグレーション)の不備を検知する

例として以下を想定して連携の不備を検知する

  • 2台のサーバは別々のチームが担当し、それぞれが責任を持つ
  • ketchupのポートを8080に変更する依頼がきた

想定作業と実装

ポートを80から8080に変更します。

タスクとユニット側を修正します。

[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# cd ~/ketchup-vagrant-ansible/
[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# vim hosts/ketchup/inventory
[all:vars]
ketchup_host=192.168.33.12
ketchup_nginx_host=192.168.33.13
ketchup_port=8080

[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# vim hosts/ketchup/test_inventory
[all:vars]
ketchup_host=192.168.33.14
ketchup_nginx_host=192.168.33.15
ketchup_port=8080

これだけだと、インテグレーションテストで失敗します。nginx側の設定も変更する必要がありるので修正します。

[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# vim roles/nginx/templates/ketchup.conf.j2
server {
    listen       {{ nginx_http_port }};
    server_name  localhost;

    proxy_set_header Host $host;
    proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;

    location / {
        proxy_pass    http://{{ ketchup_host }}:{{ ketchup_port }}/;
    }
}

[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# git commit -a -m "fixed unnamed tasks"
[master a85955b] fixed unnamed tasks
 2 files changed, 17 insertions(+), 1 deletion(-)
[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# git push
Username for 'http://192.168.33.10': root
Password for 'http://root@192.168.33.10':

パイプラインが成功することを確認します。

7.4 パイプラインを編集する

パイプラインそのものを拡張する方法について説明されてます。

sample_stage1というステージを追加するとともに、Sample_job1という処理を追加しています。

[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# vim ./.gitlab-ci.yml
---
stages:
  - lint
  - unit_prepare
  - unit_test
  - int_deploy
  - int_test
  - sample_stage1

variables:
  CONTAINER_IMAGE: c7-systemd
  CONTAINER_IMAGE_PATH: ${CI_REGISTRY}/${CI_PROJECT_PATH}/${CONTAINER_IMAGE}

Sample_job1:
  stage: sample_stage1
  image:
    name: irixjp/lint-rules:latest
  script:
    - echo "Hello Stage!"
  tags:
   - docker


[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# git commit -a -m "add a new stage to pipeline"
[root@infraci ketchup-vagrant-ansible]# git push

gitでpushしてからパイプラインが成功するのを確認します。先ほど追加したステージが追加されていることと、その処理の中でHello Stage!が実行されていることを確認します。

7.5 演習環境のクリア

書籍の通りに実行します。

7.6 まとめ

パイプラインとはCI(CD)に最適化されたジョブ管理ツール

パイプラインでプロジェクトの規約や各種手順を定義し、メンバーに強制することでプロジェクト全体の標準化を図れる

パイプライン自身も常に変化させる

やはり、プロジェクトメンバーに強制させれるというのが重要ですね!!

次回はいよいよ複数メンバーを想定した運用に入ります!

今回は以上となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました