Windows

Windows Server評価版の有効期限を更新する方法【メモ】

Windows

私は現在、前に使っていたノートPCへWindows Server 2016 の評価版をインストールして利用しています。

Windows Server 2016評価版は 180 日使えますし、6 回延長(リセット)でき、合計で 1,080 日も使うことができます。約3年近くも使えます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-windows-server

主にADの検証などに使っているのですが、Windows Server 2016 の評価版は有償版ライセンスと機能的には差異はないため非常に助かります。

もし、Windows Server関連の学習をしたいと思っている方は是非利用を検討して見てください。

念の為ですが、あくまで検証用として利用が許可されており、商用サービスや本番運用などでの利用は禁止です。

今回は評価の期限が迫ってきたので有効期限の延長(リセット)方法について行います。

残り期限の確認方法

残っている期限についてはデスクトップに記載されているのを確認するのが簡単です。

また、slmgr /dliコマンドを使うことで分単位の時間まで確認することができます。

さらにslmgr /dlvコマンドでは残りのリセット可能な回数も確認することができます。

期限の延長方法

期限の延長についてはslmgr /rearmコマンドを打つだけです。以下のようなダイヤログが表示されて再起動すると期限が180日に戻ります。

Windows Serverの学習をはじめたい初心者の方は以下の書籍が分かりやすくてオススメします。

ひと目でわかるWindows Server 2019

ひと目でわかるWindows Server 2019

天野 司
3,080円(10/16 08:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

今回は以上となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました