AWSIaCPython

AWS CDKでphase単位でスタックを構築する方法

AWS

AWS CDKを使ってAWSのリソース構築などを行っている際に、1つのCDKコードでPhaseに応じて複数のスタックを作成したい場合があります。

CloudFormationではParameterなどを利用していましたが、AWS CDKでのよやり方を調べた際のことをメモします。

1. 前提

  • Pythonはインストール済
  • AWS CDKはインストール済
  • PythonでCDKプロジェクト作成済(例としてプロジェクト名はcdk-project)

2. Contextの利用

調べて見たところ、cdk deployコマンドを実行する際に「-c」オプションをつけることで引数として利用できる様です。
以下のような感じです。

cdk deploy -c "phase=prod"

3. app.pyで値を受け取る

コンテキストで渡された値を受け取ります。
まずは、app.py内でスタックを構築しているので以下のようにして受け取って利用します。

「app.node.try_get_context」で値を取得できます。
今回はデフォルトを[dev]とし、スタックの先頭にphaseをつけるようにしました。

from aws_cdk import core
from aws_cdk_getamzndata.aws_cdk_getamzndata_stack import AwsCdkGetamzndataStack
app = core.App()

phase = "dev"  # default value
if app.node.try_get_context("phase"):
    phase = str(app.node.try_get_context("phase"))

CdkProjectStack(app, phase+"-cdk-project",)

4. リソース定義コード(cdk_project_stack.py)で値を受け取る

あとは、実際にリソースを構築している「cdk_project_stack.py」で値を使ってphaseごとのリソースを作成します。

先ほどと同様にコンテキストから値を受け取って、各リソースの先頭にphaseを付けています。
例としてDynamoDBを作成しています。

class CdkProjectStack(cdk.Stack):

    def __init__(self, scope: cdk.Construct, construct_id: str, **kwargs) -> None:
        super().__init__(scope, construct_id, **kwargs)

        phase = "dev"  # default value
        if self.node.try_get_context("phase"):
            phase = str(self.node.try_get_context("phase"))

        # dynamodb
        dynamo_table = ddb.Table(
            self, phase+'-cdk-project-table',
            partition_key={'name': 'user_id',
                           'type': ddb.AttributeType.STRING},
            sort_key={'name': 'sample_id',
                      'type': ddb.AttributeType.STRING},
        )

5. まとめ

AWS CDKでPhaseに応じたスタックを複数作成することができました。
もっといい方法がありそうなので引き続き調べて見たいと思います。

AWSを効率的に学習する方法

私がAWSを学習するために使った学習材料は「Udemy」だけです。

まずは座学を行ってAWSプラクティショナー もしくは ソリューションアーキテクト試験を取得することを目標にしました。

具体的にはUdemyで以下の2つの商材を購入して学習しました。AWS公式が提供している模擬試験も受けていません。

Udemyは世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつなぐサービスです。 Udemyは米国Udemy,Inc.が運営するプラットフォームで日本ではベネッセが事業パートナーとして協業をしています。 C2C(consumer to consumer)により生まれる豊富で多彩な講座により個人の学習ニーズに応じた学びをみつけることができます。

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)
【SAA-C02版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

今回は以上となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました